TOP > 自毛植毛と増毛、発毛の違い

自毛植毛と増毛、発毛の違い

自毛植毛と増毛、発毛は同じものだと思われがちですが、実は違います。それぞれの特徴を理解した上でお好きな方を選ぶと薄毛治療もスムーズにいきます。薄毛治療も選べる時代。あなたはどのような治療をお望みでしょうか?

自毛植毛、人工植毛とは

自毛植毛とは、自分の髪の毛を使って生えていない部分を生えさせるようにする植毛方法です。毛が残っている部分(後頭部や側頭部)の皮膚を取り、薄い部分に移植します。他の薄毛治療より費用が高くなりますが、自分の毛なので拒絶反応が少なく、一度生えてしまえば半永久的に生え続けることが可能なので最も効果の出やすい治療法といえます。それに対し人工植毛は名前の通り人工的に作られた毛を植毛します。既に作られた毛なので短期間で広範囲に植毛することができ、費用も安いのが特徴です。しかし、異物が入るため拒絶反応を起こしやすく抜け落ちやすいことがデメリットです。どちらも一長一短がありますが、ある程度投資できる資金があるなら自毛植毛の方がお勧めです。

増毛について

増毛とは、毛が生えている部分に結び付けるような感じで髪の毛を増やしていく方法です。いわゆる「かつら」や「エクステンション」を思い浮かべると分かりやすいと思います。日々のお手入れや定期的なメンテナンスは必要ですが、手っ取り早く髪の毛を増やすことができます。髪型の種類も豊富なので自分に合ったヘアアレンジを楽しめます。こちらはある程度結びつけるための髪が必要なため、頭髪がほとんどない方には行うことができません。

発毛について

発毛とは、頭皮の状態を良くして髪の毛を生えやすくするように行う治療方法です。髪の毛を生やす毛穴には油脂が溜まりやすく、シャンプーを行ってもなかなか取れないのが現状です。油脂を溜めたままにしておくと抜け毛や薄毛の原因になるため、良いことではありません。最近ではヘッドスパという、毛穴の汚れを落としてもらえるサロンが増えています。毛穴に十分な栄養を行き渡らせるためにも、毛穴をきれいにしておくのは大切なことなのです。